2018年10月14日、鍵のおはなし

‪アメ村、まんだらけの横でボーッとしていると明らかに困ってそうな女性を見つけた。

‪無法地帯になっている駐輪スペース。女性は白い自転車の回りで右往左往。‬
‪あぁ、と瞬時に理由を察し、「あの、足元に鍵落ちてますよ」と言った。‬
‪しかし女性の表情は変わらず、‬
‪「これ、私のじゃないんですよ」と。‬
 
 
‪話を聞くと、この白い自転車は間違いなく自分のものだそうだ(その自転車には彼女のマンション専用のシールが貼ってあった)。‬
‪しかし、自分の持っている自転車の鍵を何度差し込んでもロックを解除できないのだ、と。‬
‪長い間使っているからだろうか、鍵がうまくかみ合わないのかと思い何度か試してみたがロックは解除できない。‬
 
‪さらに、なにより奇妙なのが、‬
‪その自転車の脇には明らかに自分のものではないキーケースがあり(冒頭で落ちてますよ、と指摘した鍵だ)、それを差し込むとガチャン、とロックが解除できてしまうのだ。‬
 
‪そのキーケースには無骨なシルバープレートが付いているだけだが、彼女の趣味嗜好に合わないものというのは分かる。彼女はシルバープレートというよりシルバニアファミリーみたいな格好だった。‬
 
‪ミナミのど真ん中で、1人何度も開かない自転車のロックをガチャガチャするのは気が引けていたのか、僕が現れてからは何度も自分の鍵を自転車に出し入れしていた。尚ロックは解除できず。‬
 
 
‪一通り話を聞いたのち、特に気が利いたことも言えなかったので「気持ち悪いですねぇ」と総括した。‬
‪「ですよね」との同調ののち、変な空気が数秒流れ、僕はもう、その持ち主不明の鍵を使うしかないのでは、と伝えた。‬
‪「えー…」やや躊躇いの表情。「でもそれしかないですよ」「まぁそうですよね、気持ち悪いなぁ」‬
 
‪彼女はシルバープレート付キーケースから鍵を取り外し、自転車に乗って帰っていった。
 
話はこれでお終い。一連の出来事に、自分も居心地が悪くなってスタンダードブックストアに移動した。
 
以下は推測。
 
彼女が多重人格である、完全に類似した自転車がもう一つあった、エトセトラ。
色々考えた中で現実味があったのは、彼女にはストーカーがいたのではないかということだ。
 
 
リング錠を外し新しいものをつけるまでは、最短10分で出来るという。
自転車のリング錠を壊し、新しいものをつける。そうすると既存の鍵は使えなくなり、新しい鍵のみが使用できる状態になる。
時間的には可能性があるが、都合よく同じタイプのリング状を持っている可能性は低い。あとリング錠もタダではないし、自転車を使えなくするいたずらなら、わざわざ鍵を置いて逃げるようなマネはしない。
 
でもストーカーであれば。
同じタイプのリング錠をリサーチして購入した可能性がある。
&、ストーカーは彼女の自転車の鍵を必然的に手に入れることもできる。
 
 
となると、
僕はもう、その持ち主不明の鍵を使うしかないのでは、と伝えた。‬
‪「えー…」やや躊躇いの表情。「でもそれしかないですよ」「まぁそうですよね、気持ち悪いなぁ」‬
この展開は、ストーカーが望んだ展開そのものだったのではないだろうか。
 
 
以上、先輩にこの話をしたら「プチ世にも奇妙なですね」、と言われたので、
プチ世にも奇妙なでございました。
 
今後、この話が面白くなるか、或いはもっと気持ち悪くなっているかは、
僕の手にある自転車の鍵にかかっているかもしれません。
 
と、いう嘘オチ。
 
 
 
 
 

働きたくないについて

社会人として働き始めると、
「働きたくない」という感覚をつかむことができる。

学校に行き始めると
「学校に行きたくない」と思うのとほぼ同義である。

こうも働きたくないと、
働いている人の中にも、働きたくない人は沢山いるんだろうなということが分かる。

小学校〜大学までなんとなく授業を受けてきたけど、
好きな先生も嫌いな先生も授業したくない日はあったんだろうなと情が湧いてしまう。

ひょっとしたら金八先生も、
今日は授業とかだるいな〜、数学とかしんどいな〜〜とか思った結果、「人という字は〜」とか言いだしたのかもしれない。道徳はラクだから。知らんけど。

ブラックジャックもマジで手術したくない日だったから法外な金額をふっかけたのかもしれない。初期のブラックジャックは「いや払えるんかい!!」とドン引きしていたことだろう。結果彼は命はお金じゃないことを知るのだ。

冨樫義博は確実に働きたくないだろう。めっちゃ休載してるし。彼は逆に休載活動の間に連載しているといっても過言ではない。おかげで、連載が再開される度に都会で油田を掘り当てたかのような驚きと喜びが生まれている。

ひょっとしたら俺の勤労意欲の無さもなんかの奇跡を起こせるのかもしれない。
よし、今日も明日も、働きたくないぞー。



100%返ってくる年賀状をおくろう

あけましておめでとうございます。

2018年1発目の更新です。


年始はインドに行ってきまして、

これはこれでブログに書けたらいいですね。今日は別の話。


f:id:ooyamadesuyo:20180113211515j:image

インド楽しかった〜。



さて、

曲を「すり切れるまで聞く」という表現がありますが、

これってレコードやCDありきの表現ですよね。


ただ、近い未来レコードやCDが無くなっても、、

「擦り切れるまで」 という表現は残るのではないでしょうか。


「屏風の虎を捕まえるより難しい」という表現が、

屏風も虎もいない現在でも使われているように…


「すり切れるまで聴く?

データなのに、擦り切れるなんてことあるの?」

と聞かれる時代も遠くないかもしれませんね。 

 


 

一昨年、こんな感じの年賀状を送りました。

 f:id:ooyamadesuyo:20180113191602j:image

 

この予告状の1日後に年賀状を投函したのですが、

ポストを確認した時に、予告状と年賀状がセットで入っていたそうです。

計画がずさん。

 

で、今年もなんか作ってみるかと。

おもしろ年賀状を4種類つくり、それを1枚にまとめたものを作っていたんですが、

これまたデータ管理がずさんなこともあり

全ての種類の年賀状が消えてしまいました。

 

入院中の子供が手術を決意するくらい

おもしろかったのに…残念です。

 

気を取り直して作ったのがこれ。

 

f:id:ooyamadesuyo:20180113191358p:image


 

まじで適当になってしまった。

すでに渡す人に申し訳ない。

 

でもせっかく作った年賀状ですもの、

返事はほしいですよね?

 

 

【Q.100%返事がもらえる年賀状にするには?】

 

f:id:ooyamadesuyo:20180113192159j:image


 

A.往復葉書にしました。

この時点で、年賀はがきではなく、、

つまり年賀状ではなくなりましたが、気にせずいきます。

 

往復葉書の場合、送付先に残る面と、戻ってくる面があります。

 

f:id:ooyamadesuyo:20180113191414p:image 

上記でいう往信の文面(ここが年賀状部分)と、

返信の文面が必要になります。

 

返信の文面には、年賀状の感想を書くことができる

「愛読者アンケート」を作成しました。


f:id:ooyamadesuyo:20180113191442p:image

 

数字さえ選べば年賀状の返事が出来るシステム。

アナログなのに先進的〜。


f:id:ooyamadesuyo:20180113194615j:image


f:id:ooyamadesuyo:20180113194543j:image

こんな感じになりました。


ちなみに、往復はがきは特別な形のため

通常のプリンタで印刷が出来ないので

紙に印刷したものを年賀状に貼り付けました。


プリンターで印刷が出来ないって、、

踊れないダンサーみたいな、、?


※通常は日本郵政その他業者に依頼すると

印刷ができるようです。

もっと簡単であれ!!



投函後しばらくすると、

(往復はがきは年賀状と違って本当にしばらくかかります)

来るわ来るわ年賀状の数々。


最終的にはお風呂いっぱいになるくらいの

年賀状が来ました。


f:id:ooyamadesuyo:20180113210233p:image


下記、詳細の結果です。


【結果】

送付した年賀状:11通

受け取った年賀状:3通


年賀状は色んなデザインでいっぱい来る方がいいですね!!!

ありがとうございました。



f:id:ooyamadesuyo:20180113210256j:image

年賀「状」ではありますが、

これが世間のスタンダード。



 

 

グランピングでこの夏、いいスタートを切ろう!おすすめグッズ4選


こんばんは!

今日はこういうタイトルなので、そういうテンションでいきます。


◾︎グランピングってご存知ですか?

グランピングとは、「グラマラス」+「キャンピング」を合わせた造語のこと。

そのよく分からない造語とは裏腹に全国各地にグランピング施設が誕生、分かりやすく流行の兆しを見せています。

 

簡単に言えば「準備不要キャンプ」

テント、コンロ、ひいては食材までキャンプに必要なグッズが用意されており、

最低限着替えさえあれば楽しめてしまう、ということで

「キャンプしたいけど色々お金かかるもんなー」「準備めんどくさいよなー」

という終わってる現代人の背中を後押ししてくれます。

 

今日はそのグランピングで、

「何も持っていかなくていいからこそ、逆に持ってきてたらカッコいい」

というアイテムを紹介します。

 

この記事を読んで、夏に向けてのクラウチングスタートを切りましょう!

 f:id:ooyamadesuyo:20170618221456j:image

 

◼︎ロゴス アロマタブキャンドル

 

どんなにオシャレにキャンプを見繕おうと、ついてくるのは蟲。

蟲に刺されてしまったら気分は最悪、即解散なんてこともありますよね。

最近では防虫性の高いウエアなどもありますが、

火を灯すだけで蟲の嫌うシトロネラの香りを出してくれるので

オシャレを犠牲にしてまで防虫したくない!という人にもおすすめです。


刺される前に対策をして、

素敵なグランピングへのクラウチングスタートを切りましょう!

f:id:ooyamadesuyo:20170618221507j:image


◼︎ロゴス 岩塩プレート

 

その名の通り、こちらは13×7、厚み1センチのヒマラヤ産岩塩の板

これの上に食材をのせて焼くことで余分な脂は吸収することで低カロリーに、

そして遠赤外線効果も得られるため、食材がしっとり柔らかく仕上がります。

当然程よく塩味がつくため味付けも不要。

 

夏はバーベキューが続いてちょっと飽きてきちゃったな…なんてあなたも

これを持参するだけで、いつもと違ったバーベキューへのクラウチングスタートが切れます!

 f:id:ooyamadesuyo:20170618204334j:image


◼︎コールマン クアッドマルチパネルランタン

 

グランピング施設内では電飾が施されているので、

ランタンは必要不可欠!というわけではありませんが、

テントの外で花火や釣りなどのアクティビティを行う時にこれが1つあれば便利。

 

本体には4つのエリアライトが組み合わさっているため、

必要に応じてセパレート光源として使用が可能。

またUSBポートに接続することで携帯電話の充電も可能なので、

様々なシーンで活躍すること間違いなし。

 

みんなの憧れ、「いつも充電なくなったらモバイルバッテリー貸してくれる奴」 になれるチャンス!

クラウチングスタートを切りましょう

f:id:ooyamadesuyo:20170618211532j:image


◼︎ロア・インターナショナル スマートビーム

 

ひとしきりキャンプのメインイベントが終わり、

テントに戻って何しよう…なんて時に使いたいのがこのアイテム。

 

簡単に説明すると、スマホやパソコンとワイヤレスで接続できる小型プロジェクター。

壁面(白い布とかがいいけど)に映し出せば、自動でピントを調整してくれるため

快適に映像を見ることができます。

 

その日撮った動画を皆で見るもよし、他人がキャンプではしゃぐ映像をYouTubeで見ながら

自分たちのそれと比較検討するのもよし。 

 

他のグループの迷惑にならないよう、音量には気をつけて、クラウチングスタートです!!!

f:id:ooyamadesuyo:20170618211555j:image


◾︎最後に

5選は長いなと思って4選にしたんですが、いかがでしたか?
「更新したブログを固定ツイートにする」をマイルールにしているため、全然更新していないのが丸わかりのこの有様…

これからはちゃんと更新して、2017年下半期、しっかりスタートを切っていきたいですね。


 

エイプリルフールの話



結局、大した嘘はつかずに1日を過ごしてしまったわけですが、‬
‪嘘について少しも考えていなかったと言うと、嘘になる。‬


‪とはいえど、ふつうに嘘をつくのなんて1週間あれば5日はそんなことやってるわけで…‬


‪逆にエイプリルフールには
「普段ウソ、ガセだとなってることが実は本当なんですよ」
とでも言おうかなと思ったんですが。‬

【例】‬
・「今日海遊館に行ったら本当に別れるらしいよ」‬‪
・「納豆食べたら本当に血液サラサラになるらしいよ」‬
‪・「そのまんまコーラの酸っぱい顔をしたキャラクターがいる位置に酸っぱいガムがあるよ」‬
‪・「マジで、パンがなかったらお菓子を食べたらいいらしいよ」etc.‬

‪結果これを言わぬまま1日が終わってしまったので、上記の嘘はいま、ふわふわとした意義のないことばになっています‬

f:id:ooyamadesuyo:20170402142242j:image



‪にしてもこの日は、数多の企業がエイプリルフールに乗っかってて。
‪面白いですよねーって話を服屋の店員にしたんですがそもそもエイプリルフールってこと自体忘れていたようで、‬

f:id:ooyamadesuyo:20170402141325j:image


‪「エイプリルフールだから、グーグルマップでパックマンが遊べるらしいですよ」‬
‪「エイプリルフールだから?」‬
‪「エイプリルフールだからです」‬
‪「嘘ついていい日だからですか?」‬
‪「嘘ついていい日だからです」‬
‪「なんでですか?」‬

‪確かに。‬

‪「グーグルマップの矢印がパックマンに変わり、画面もパックマン的世界観(16bitとか)に変わる」←まだわかる‬

‪「グーグルマップでパックマンが遊べる」←???‬

‪ってことですね。‬

「では、今年のエイプリルフールは、パックマンで遊べる、ということで…」
となってしまったグーグルマップの会議がめちゃくちゃ気になる。
炎上とかユーザークレームを考えすぎておかしな方向にいってる瞬間を見守りたい。ドキュメンタリーを作ってほしい。


ま、なんにせよ‪グーグルには「嘘」って言葉をもっかいググってほしいなと思いました。‬
‪じゃ、これがオチということで。‬(笑)

そんなこんなでiPhoneアップデートする気にならない

スマホを耳に近づけずとも、マイク付きのイヤホンさえあれば歩きながら通話できると、分かってはいるんだけれども、ふと街中でそういう人を見かけてしまうと、
「あの人独り言えぐいな」と思ってしまう瞬間がある。


こないだは女子高生がイヤホンをしながらこちらに向かって歩いてきて「今、何が見える?」と言っていた。

誰かと待ち合わせしてるんかと気付くまでに、すごい「ゾッ」としてしまった。

でもこの通話スタイルも今や比較的馴染みつつあるし、10年後にはワイヤレスの通話スタイルが、当たり前になっているかもしれない。

「大山さん、何でスマホを耳に当ててるんですか?」

ゾッ。


f:id:ooyamadesuyo:20170307000647p:image
これ電話してねの時のサンプル画像やけど、このジェスチャーももうトキぐらい絶滅寸前。


で、さっきの話とは反対に、
この表現は古いな〜〜ってすでに感じるやつもある。


「◯◯君、この仕事やっといてね!ドサッ(大量の書類が机に置かれる)」←これ


f:id:ooyamadesuyo:20170307000827j:image


ドラマとかマンガは未だにこんな感じの表現があったりなかったり…あそこだけ00年代のコピペを未だに使ってる感がある。

もう大抵データでやりとりしてますもんね。でも今だったらこれ、表現の仕方むずいな〜〜とも思うけど。


ところでさっき、上司から「これやっといてね」と共有されたファイルがなかなか開かない。
データ量が多いんでしょうか?

ゾッ。

期待の話

高校時代、弁当にかかるしゃけフレークをご飯から落としたら「鮭雪崩(しゃけなだれ)やないかい!」といつも怒ってくれた友達にゆうパックで大量のしゃけフレークを送った。

「いやスゲーありがたいわ 笑」

とラインで一報あり。
もう高校のときのように、鮭雪崩やないかい!と怒ることはなかった。
僕たちはもう社会人になってしまったのか…でも少しは、そう思えないような瞬間が欲しいと期待してしまう。

紅鮭ほぐし(鮭フレーク)無添加80g×3

紅鮭ほぐし(鮭フレーク)無添加80g×3



仕事帰り、どうしてもコーヒーが飲みたくなってスターバックスに寄った。空いていたこともあって、店員は気さくに喋りかけてくれた。
お仕事帰りですか?あ、そうです、遅い時間までお疲れ様です、いえいえ開いてる時間に来れてよかったです、今日寒いですよね?いやほんとに、もうコート必要ですもんね…etc。

料金を払ってしばらくして、コーヒーを受け取った。
カップに何も書いていなかった。
何も書いていないことに気づいて、少しがっかりしてしまった。

そしてがっかりしたことで初めて、自分はコーヒーに何かが書かれていることを期待していたのか、と気付いた。

例えば宝くじを買って→外れる
このフローでは宝くじを買う際に必ず期待が発生する。
しかし今回の場合、期待と失望の2部門同時受賞(同時に複数の感情を得た、という意味です)…初めての感情で帰りの電車はずっとモヤモヤしてた。あと5分遅延してた

ただ、しばらくしてようやく同じテンプレートを見つけたのですが、これは少女漫画における、

「とにかく気が合う、、冗談も言い合える、仲の良かった男子に彼女が出来た、その時に気づく、私彼のこと好きだったんだ…(夕焼けに照らされた大きな木の下で泣く)」

これ。これと同じです。
この感情が、それと一致すると気付くまでにかなり時間がかかってしまった。ヒロイン失格ですわ。

ヒロイン失格 [Blu-ray]

ヒロイン失格 [Blu-ray]


最後に、「天満」と女性が言う時自分の頭の中ではどうしても電マがよぎってしまうのですが、この話を知人女性に正直に打ち明けるとその女性も頭の中ではテンガがよぎっている、それと同じだと言われた。
冬に1つ安心を得た。失礼いたしました。